2014年08月30日

ライアーゲーム185話 四国志ゲーム

ライアーゲームで四国志ゲームが始まった。
個人戦でも四国志ゲームで、ゲームの内容が今回だいたいわかった。

4つの国があり、それぞれLPが100ある。
各国は、ほかの国に対して、作戦行動として「攻撃」と「防御」を行うことができる。
3つの国に対して2つの作戦行動であるので、3×2=6の選択肢がある。
作戦行動は3つまで行うことができる。
「攻撃」「防御」の作戦行動をするとLPが−1となる。
また、攻撃が通ると−3となる。
攻撃された国に対してあらかじめ防御を行っておくと攻撃は通らない。

LPは作戦行動をしたときに−1、攻撃が通ったときに−3となる。

今回、個人戦で1回の決戦が行われた。
結果
ヨコヤ 99
オオツカ 98
ワダ 98
ナオ 97
となった。

作戦行動をあまり行わなかったヨコヤがトップになった。

全員がなにもなにもしなければ、全員が助かるという必勝法をいったわりには、個人戦でヨコヤに対して攻撃をして、結果ヨコヤの防御で防がれてしまったナオが作戦行動3つで最下位になった。
通らない攻撃をするよりは、双方にとって引分けになるだけでメリットがないようだ。
それよりは、攻撃をするように見せかけて、相手に防御をさせて相手だけ−1にさせるのも一つの手のようだ。

個人戦は、1分以内での作戦行動の入力になるので、駆け引きの時間が少ないので、心理の読みあいになるのかな。

次の展開としてはいろいろ考えられる。

ナオは今度こそなにも作戦行動をしないが、3国から攻撃されて−9になる。
あるいは、ワダ、オオツカから攻撃されて−6になり、ヨコヤはLPを減らさない。

などなど。

1分あるので、読みを外すために、なにか話したほうがよいのか?

他国のLPを減らす方法としては、攻撃を通して−3にするというのと、攻撃をすると見せかけて相手に防御させて−1にする方法があるようだ。

安易に防御するのもあまりよくない、かといって防御していないときに攻撃されると被害が大きい。

どういうストーリにするのか、楽しみである。
posted by フリーダム at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする