2014年09月27日

ライアーゲーム 188話 四国志ゲーム

四国志ゲームの本戦がはじまった。
四国志ゲームでは、同盟、不可侵条約を結ぶと有利にゲームを進める。

心理戦が始まり、まずヨコヤが先制攻撃をかけた。
それに対し、ナオがアキヤマの指示のもと全員を救う方法で応戦した。
ナオの発言としてはぴったりしている。

ヨコヤ以外の15人全員協力すれば、当然ヨコヤに勝てる。
ライアーゲームは、それが非常に難しいということでストーリーが展開している。
今回もそのことが予想される。

賞金を全員で分配するより、少人数で分配したほうが賞金が大きくなる。
ヨコヤはそのことを利用すると思われる。

ヨコヤの魏が勝ったとすると、42億は魏の国の4人で分配される。
ヨコヤは、10.5億を受け取るが、ナオも10.5億を受け取る。
オオツカとワダは協力すると考えられるので、31.5億で、呉と蜀を協力させる行動にでるという展開が一つ考えられる。

呉と蜀のボスと司令官を仲間に入れるとすると、魏3人、呉2人、蜀2人の7人で、31.5億を分けることになる。1人4.5億になる。

アキヤマ、ナオの言っている42億をヨコヤ以外の15人で分けるとすると、1人2.8億となり、4.5億より少ない。

さて、どうなるか?
posted by フリーダム at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

二国志ゲーム

ライアーゲームの四国志ゲームで、終盤戦、二国が滅亡して二国になったらどうなるのでしょう?
このとき、LPにかなり差がついていれば、勝てると思いますが、LPで負けていた場合は逆転できるのでしょうか?

どのような戦略で戦ったら勝てるのか?

ライアーゲームの四国志ゲームの個人戦では、終盤戦がなにも描かれていなかったのですが、
どのような戦略で四国志ゲームの個人戦の終盤戦が戦われたのでしょうか?

たぶん、二国になった時点で、LPで高いほうが非常に優位であると思います。

この辺をシミュレーションするために、二国志ゲームを作ってみました。(どの程度なら逆転できるのか?)

二国志ゲーム(ライアーゲームの四国志ゲームの二国版)

posted by フリーダム at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

ライアーゲーム 四国志ゲーム 領土拡大ができない

ライアーゲームの四国志ゲームでは、敵国を攻撃してLPを減らすことはできるが、自国にはメリットがない。
逆に敵国を攻撃すると自国のLPも1減る。

また、敵国1国のLPを0にしてもその時点ではメリットがない。LP0にした敵国を乗っ取ることができたりしない。
国が1国へるだけで、3国の戦いになるだけである。ほろぼした国にメリットがない。
メリットがないばかりか、攻撃にLPを1消費するので、ディメリットがあるくらいである。

他の国同士で戦わせておいて、お互いLPを減らさせる状況が一番良い。
四国志ゲームは、いかに敵国のLPを減らすというよりは、自国のLPを減らさないことが良いように思える。
自国のLPを減らさない方法は、何もしないかつどこの国からも攻撃されないことである。

4国ともこの状態になることが、必勝法とナオが言っていた。しかし、自国の勝利のためにどこかの国が攻撃をする。しかし、敵国3国と開戦したら逆に3国に攻められて負けてしまう。

お互い同じ国を協力して攻撃する同盟とか、
お互いの国を攻撃しない不可侵条約とかを結ぶ展開が一つの選択肢として考えられる。

ただ、最後に2国になったときは、その時点のLPでLPが高いほうが、有利であるので、1国で勝つことを考えた場合、どこかの国のLPが減ってきて、国の数が減るようなことは、LPがトップではない国にとっては、避けたいところである。

1国で勝ち切ろうと考えた場合、2国になったときLPで勝っていたい。ということは、3国になった時にLPが2番目の国は、LPトップの国と同盟を結ぶよりは、LP最下位の国と同盟を結んで、LPトップの国のLPを減らしたほうがメリットがある。

3国になった時に、2位、3位の国が同盟を結ぶ可能性があるとしたら、トップの国にとって4位の国を滅亡させられたら、1国で孤立する。トップと4位の国で同盟?

後半戦では、2国になったときにトップでありたいということから、いろいろな同盟が考えられる。

個人戦では、最初のほうは書かれていたが、後半戦は書かれていない。そこを書くと本戦がおもしろくなくなるからと思われる。そのためヨコヤのみがLPを残し、オオツカ、ワダ、ナオのLPが0になったところだけを書いて、個人戦の後半戦が省略されたのだと思う。

たぶん、ナオは、3国と戦って、オオツカとワダは、ヨコヤの国以外の2国と戦って、ヨコヤは、ナオの国の防御のみを行って、最終的にヨコヤの国が勝ったのだろうと思う。

しかし、勝とうとした場合、LPが減ってきたら上記のように、2位、3位(オオツカ、ワダ)同盟とかあっても考えられるのだが。

あるいは、ナオの国が滅亡した時にヨコヤの国LPが2位の国のLPの2倍以上あれば、やりようがあるかも知れないが。(1位の国が2国に対し
て防御で、2位、3位の国が同盟を結んで1国に対する防御?)

ナオの国が滅亡した時に圧倒的トップだったのだと思う。
ということは、4国の時に圧倒的トップになり、4位の国を滅亡させて、3国で勝ち切ったのかな?

LPで差が出てきたときにそれぞれの順位で利害関係が出てそうなので、そのへんを利用しての展開で、いろいろある?

各国一度個人戦をおこなったから、状況の理解があり、交渉も成立しやすい?

そういえば、圧倒的1位の国ができた時に3国での同盟もあるか?

どのような展開にするのか???
posted by フリーダム at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

ライアーゲーム 四国志ゲーム なぜ四国?

ライアーゲームの四国志ゲームは、三国ではなく四国なのだろう?
三国だと不都合なことがある?
四国だと複雑さがましてストーリーの予測の幅が広がる?

三国だとヨコヤ、アキヤマの国とあと一国で、その一国を味方にしたほうが勝つという単純なゲームになる。
そのため、四国にして複雑性を増している。

単純に考えると2国対2国になるが、これでは予測が簡単である。
1対1対1対1、2対2、1対2対1、3対1、そして4をうまく組み合わせて面白さをだしていくと思われる。

イスとりゲームも、アキヤマ、ヨコヤ、ハリモト、ガヤの4国のような感じがあった。
ストーリーに複雑さをもたせるには四国くらいの数が必要なのだと思う。

posted by フリーダム at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

ライアーゲーム 四国志ゲーム 可能性

ライアーゲーム四国志ゲームの個人戦が終わり各国のボスが決まった。
ボスは、司令官を任命する権利がある。そして、司令官が司令塔で攻撃、防御を作戦行動を操作する。
ボスは司令官になれない。ボスは譲ることができる。

ボスが司令官になれないというルールで何が起こるか選択肢を考えてみる。
各国は4人で構成される。ボスは、残りの3人から当然自分を裏切らない人を司令官に任命する。
しかし、残りの3人がもし全員ボスを裏切る人であればどうなるでしょう?

残りの3人が結託してボスを裏切ると、ボスの命令を無力化することができ、事実上その国を乗っ取ることができる。

たとえば、魏のボスはヨコヤであるが、ナオが残りの3人を説得して結託すれば、ヨコヤは作戦行動を入力できないので、残りの3人で作戦行動を操作することができる。
ここまで、持っていければ事実上魏の国を乗っ取ることができる。

あるいは、魏の国でヨコヤの信頼を得ているオオツカが司令官になると思われるが、オオツカがなにかヨコヤの怒りをかう行動をして、その時ヨコヤ自身が司令官になるために、オオツカにボスを譲る。しかし、そこで、オオツカが司令官をナオかワダにする。(これはないか?)

これについてはアキヤマについても同じであり、ほかの3人の中から司令官を一人選びださないとならず、この3人がヨコヤに買収等されて3人が結託したら倭の国は乗っ取ることができる。
つまり、ボスは自国に自分を絶対裏切らない人を作らないといけない。

ところで、貸し付けられたお金、あるいはこれまでに儲けてきたお金を使う要素が四国志ゲームではないように見える。倭の国のアキヤマ以外の3人をヨコヤが支配するためにお金を使って買収するという場面はでてくるかもしれない。買収されたふりをしてお金をだまし取るという場面も?

ヨコヤはかなり儲けているのでヨコヤの儲けをかなり放出させないとほかの人の損失の穴埋めができないので、なにかヨコヤの儲けを放出させる場面がでてくるかも。

また、最終的には一国が勝ち、勝った一国のみが儲かりルールになっているが、2国以上で同盟を結んだほうが勝ちやすい。どちらかの国が勝った場合、賞金は2等分するという条件で同盟を組む場面があるかもしれない。呉と蜀がやったりして?

あ!?ヨコヤを除く15人が協力できたら...
ナオが言っていた、四国とも何もしないで、LPが減らない状態に持っていくことができる。
(オオツカがいるから難しいが)

なにか思いついたときに四国志ゲームの選択肢、可能性を書いて行こうと思う。

posted by フリーダム at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

ライアーゲーム 187話 四国志ゲーム

ライアーゲーム四国志ゲームでは、個人戦が終了して各国のボスが決まった。
各国のボスは、魏:ヨコヤ、呉:シマ、蜀:ツムラ、倭:アキヤマである。

ボスは、司令官を任命する。
司令官は、司令塔で操作して作戦を実行する。
ボス自身は司令官になれない。
ボスの座は譲ることができる。
各国は4人である。

ボス自身が操作せず、司令官が操作するところが個人戦とは大きく異なる。
司令官が裏切るシーンがどこかででてくる?

そもそも裏切ると自分の国が負けるから裏切らない?

とりあえず魏の司令官は、オオツカと思われる。

三国志ではなく四国志なのは、三国志だと2対1になった時点で、1国が負けるから。
四国志では、とりあえず2対2になるのかな?

2対2だと、敵国2国にたいして防御、防御、敵国1国にたいして攻撃。
あるいは防御されていると読んで、攻撃をしないで、LPを1節約する。
あるいは攻撃をされないと読んで、なにもしないとか。

いろいろ選択肢は多いかな。

あるいは、四国とも同盟関係なしでスタート?

魏は倭に対して防御のみでLP-1
倭はなにもしない。
蜀と呉は、3国に対して防御LP-3

防御3つ使うのと、攻撃1つ受けるのが同じライフポイントの減り方でLP-3
なにもしないも選択肢にある。

または、
魏は倭に対して防御と攻撃でLP-2
倭はなにもしないで魏の攻撃を受けてLP-3
蜀と呉は3国に対して防御でLP-3

または、
魏は倭に対して攻撃のみでLP-1
倭はなにもしないで魏の攻撃を受けてLP-3
蜀と呉は3国に対して防御でLP-3

あるいは、2対1対1

戦いかたとしては、
攻撃するとみせかけて防御させて相手のみLP-1
防御していないところを攻撃して自分LP-1、相手LP-3

他国同士で戦わせて自国はなにもしないでLPを減らさないのが、一番おいしい。

アキヤマのセリフの「諦めるのはまだ早い。大丈夫。全員を助ける方法はまだ残っている」も結構気になる。
LPを減らさないのは何もしないのが良いというのに持っていく方法があるということを言っている?
たぶん違うと思うが。

魏のナオは、倭にアキヤマに対する人質的に使える可能性を考えて、ヨコヤは人間オークションでナオを落札した?
posted by フリーダム at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする