2014年05月26日

ワンポーカー 決着

和也 対 カイジ のワンポーカーが決着した。

和也のカードがAで、カイジのKを上回り和也の勝ちである。
カイジがすぐにコールし、弱いカードをよそおっていたが、
和也もレイズを迷い、弱いカードをよそおっていたことになる。
そして、カイジのドロップを防いだということか。

次回、その辺を和也が解説?
また、そのほかにも
カイジがUP、DOWNの時にKを温存しないで、
Kを出すべきとか?
(UP、DOWNのDOWNが2かもしれないので、
AAでないかぎりAが出しにくい。
そのため、Kが一番強いカードになる可能性が高くなる。)
和也が次回なにをしゃべるか?

この辺で、ワンポーカーを終わりにして、次の展開?
それとも、しばらく休むのかな?

posted by フリーダム at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カイジ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック