2014年09月14日

ライアーゲーム 四国志ゲーム 可能性

ライアーゲーム四国志ゲームの個人戦が終わり各国のボスが決まった。
ボスは、司令官を任命する権利がある。そして、司令官が司令塔で攻撃、防御を作戦行動を操作する。
ボスは司令官になれない。ボスは譲ることができる。

ボスが司令官になれないというルールで何が起こるか選択肢を考えてみる。
各国は4人で構成される。ボスは、残りの3人から当然自分を裏切らない人を司令官に任命する。
しかし、残りの3人がもし全員ボスを裏切る人であればどうなるでしょう?

残りの3人が結託してボスを裏切ると、ボスの命令を無力化することができ、事実上その国を乗っ取ることができる。

たとえば、魏のボスはヨコヤであるが、ナオが残りの3人を説得して結託すれば、ヨコヤは作戦行動を入力できないので、残りの3人で作戦行動を操作することができる。
ここまで、持っていければ事実上魏の国を乗っ取ることができる。

あるいは、魏の国でヨコヤの信頼を得ているオオツカが司令官になると思われるが、オオツカがなにかヨコヤの怒りをかう行動をして、その時ヨコヤ自身が司令官になるために、オオツカにボスを譲る。しかし、そこで、オオツカが司令官をナオかワダにする。(これはないか?)

これについてはアキヤマについても同じであり、ほかの3人の中から司令官を一人選びださないとならず、この3人がヨコヤに買収等されて3人が結託したら倭の国は乗っ取ることができる。
つまり、ボスは自国に自分を絶対裏切らない人を作らないといけない。

ところで、貸し付けられたお金、あるいはこれまでに儲けてきたお金を使う要素が四国志ゲームではないように見える。倭の国のアキヤマ以外の3人をヨコヤが支配するためにお金を使って買収するという場面はでてくるかもしれない。買収されたふりをしてお金をだまし取るという場面も?

ヨコヤはかなり儲けているのでヨコヤの儲けをかなり放出させないとほかの人の損失の穴埋めができないので、なにかヨコヤの儲けを放出させる場面がでてくるかも。

また、最終的には一国が勝ち、勝った一国のみが儲かりルールになっているが、2国以上で同盟を結んだほうが勝ちやすい。どちらかの国が勝った場合、賞金は2等分するという条件で同盟を組む場面があるかもしれない。呉と蜀がやったりして?

あ!?ヨコヤを除く15人が協力できたら...
ナオが言っていた、四国とも何もしないで、LPが減らない状態に持っていくことができる。
(オオツカがいるから難しいが)

なにか思いついたときに四国志ゲームの選択肢、可能性を書いて行こうと思う。

posted by フリーダム at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック