2014年12月21日

四国志ゲーム 膠着状態で困る人

ライアーゲーム四国志ゲーム第198話で、呉と蜀のLPが1vs1になり、こう着状態になった。
次のターン以降、呉も蜀も作戦行動をするとLPが0になり、負けてしまう。
そのため、作戦行動をなにも入力できない状態になってしまった。

このままでは、永遠にゲームが続くわけである。

ライアーゲーム事務局はこの状態でなにかするだろうか?

決勝戦の決着がつかなくて、もう一度ゲームをする?
このゲームは、無効になり、別のゲームで決勝戦?

このゲームが無効になれば、負ける人もいないので、
すでに負けてしまった倭と魏は、負けではなくなり、助かったことになる。

また、このゲームの無効が、ライアーゲームの無効につながり、いままで負けた借金も無効?
そうすると、今までライアーゲームで儲けた分も無効?
ヨコヤは、かなり儲けているので、被害が大きい。

ヨコヤが儲けたマネーは、まだヨコヤの手には、わたっていないはず。
ライアーゲーム無効でこのマネーも無効になるとヨコヤは結構困るはず。

確かパンデミックゲームで小切手で、アキヤマに2億、アカギに1億払っている。
この3億が確定しているとすると、ヨコヤは3億の損失?

さた、このゲームを終わらせる方法はあるのか?

呉と蜀が次のターンで、作戦行動を行ったら、LP0vsLP0になるが、
この場合、引分けが確定するのだろうか?

最初の説明では、この場合の勝者について説明がなかったので引分け?
引分けが確定した場合は、優勝賞金はどうなるのだろうか?

もし、引分けで決勝戦が終わったら、決勝戦での所持金はどうなる?

人間オークション終了時の所持金のまま?
そうすると、アキヤマとナオが結構もっていた。

決勝戦が引分けで確定して、優勝賞金がなしになって、
これまでのマネーが確定するとヨコヤにとっては、メリットが大きい。

しかし、LP0vsLP0にするには、呉と蜀が両方とも作戦行動をしないといけないので、
どちらかが裏切ったら成立しない。

LP0vsLP0は、ほとんど不可能である。
ヨコヤが協力しても不可能と思う。

裏切ると優勝賞金を獲得できるので、まず裏切るだろう。
交渉が成立しない。

そうするとLP1vsLP1で膠着状態のままで終わり、
ライアーゲーム事務局がなにかを用意する?

ライアーゲーム不成立で、借金もなくなり、儲けた金もなくなって終わり?
アキヤマの大逆転とはこのことなのだろうか?

どうやって終結させるのか?


posted by フリーダム at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック