2015年11月21日

ワンポーカー第192話 カイジ第21回戦で出すカードを変えそう

 来週の月曜日が祝日で休みなので、ヤングマガジンがもう発売されていました。もう読んでしまいました。

 そこでワンポーカー第192話の話になりますが、前の記事「ワンポーカー第191話、第21回戦カイジこのまま9を出すのかな?」と「ワンポーカー 第21回戦 和也の困惑をどう読むか?」でほんの少しだけ書きましたが、この方向に進みそうです。たぶん、第193話でカイジは、出すカードを変えそう。
s13.gif

 和也の困惑の様子をいろいろ読んで、出す寸前でカードを戻したところで今回は終了。たぶん、変える。

 今回第192話では、これまでの勝負を含め、和也の困惑をどう解釈したらいいのか、読んでいます。

 ワンポーカーは、どうもライフが多いほうが優位に立てる。ライフが少ないとレイズで脅すこともできない。そういう点で、ライフ数が近い今は勝負どころです。

 第20回戦で、悪いカードでレイズ勝ちしているから、和也は、カイジが弱いカードでもレイズをしてくると思っている。この効果は大きく、カイジがレイズしたときにカイジのカードが強いカードか、弱いカードか読めない。

 いろいろな観点から読んでくるのだが、可能性をすべて捨て去ることができない。そういう点では、ワンポーカーはギャンブル性がある。前回第20回戦で、カイジが弱いカードでレイズしたのは、ギャンブルだった。和也は、比較的強いカードだったし、ライフも多かった。和也が前回第20回戦で勝負に出ていたらカイジは負けていた。

 どうもワンポーカーは、ライフが多いほうに勝負をかけられると、ライフが少ないほうは不利のようだ。その点で、今回、カイジは赤ライフまで使えば勝負にでれる。

 和也が次の展開で、カイジをどう読んでくるか?

 今回、カイジ、和也の両方のカードがわかっている。カイジ、和也の両方のカードの読みあいが展開されるのではないかと思う。

 和也もカイジがKを持っているかもと思っているので、レイズするかどうか心がうごくと思われる。ただ、今回9ではなく。Qを出したので、カイジがKをだしてこないと思っているのか?それともKを持っていないと切り替えたのか?

 カイジもカイジでKより強いAというカードの可能性は0ではなし、KでAに負けた経験もしていので、そこらへんの展開ももりこんでくるのかな。

 第21回戦の決着がつくのは、第200話くらいかな。第21回戦で、レイズ合戦になって、ライフ7の勝負になって、和也の負けで終了とか?それだと、もう少し引っ張って決着は第210話くらいとか。

 和也も同じドロップ負けを繰り返さないと思っているからQを出したと思う。カイジがKを持っていたとしてもだすとは限らないので、弱いカードと読むこともできる。

 第21回戦は、いろいろありそうなので、結構続くかな。

posted by フリーダム at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カイジ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック