2015年11月22日

アルキメデスの大戦

 ヤングマガジンで三田紀房(漫画)と後藤一信(監修) による「アルキメデスの大戦」がはじまった。第二次世界大戦まえの戦艦建造計画のあたりから展開しています。大艦巨砲主義か、航空主兵主義か、よくある展開です。

 現在では、航空主兵主義が良いことがわかっているので、もし、航空主兵主義に傾いたらということで物語が展開されるのでしょう。たぶん、戦艦大和は建造されないのでは。

 このての架空戦記は、小説で多数販売されています。航空主兵主義だったら、どうなっていただろうというもの、何かがタイムスリップしたらどうなるかというものが多いです。

 漫画の架空戦記としては、海上自衛隊のイージス艦「みらい」が太平洋戦争中にタイムスリップしたかわぐちかいじの「ジパング」や、現代の少年クルスが21世紀中と太平洋戦争中を行き来する本そういちの「夢幻の軍艦大和」があります。

 タイムスリップものの漫画も面白かったですが、この「アルキメデスの大戦」も期待しています。

【おもしろかった漫画の最新記事】
posted by フリーダム at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかった漫画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430077846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック