2015年01月11日

ワンポーカー 赤ライフ2での勝負3

賭博堕天録カイジ ワンポーカー編・第160話、赤ライフ2での勝負の3話目である。
和也は、DOWN DOWN、カイジはUP DOWN

和也の読みが描かれるが描かれている。

1.カイジUPカードで、和也がレイズならカイジの大勝利
2.カイジUPカードで、和也がドロップならカイジの普通勝ち
3.カイジDOWNカードで、和也がレイズならカイジ負けで終了
4.カイジDOWNカードで、和也がドロップならカイジ大勝利

1と4ならカイジの勝ち、
3なら和也の大勝利でワンポーカー終了、
2は普通の展開で、こうなるのが普通。

たぶん、1か2、あるいは4と思うが...
posted by フリーダム at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | カイジ | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

ライアーゲーム終了

ライアーゲーム第200話、四国志ゲームで、呉と蜀のLPが1で、こう着状態になり、
ヨコヤも手を出さないことを宣言した。
いつまでもこの状態が続くと判断して、ライアーゲーム事務局がゲーム終了を宣言した。

ライアーゲームについて話されることになり、次回が最終回である。
非常に残念である。

ゲームの駆け引きが非常に面白い漫画であったが、
これで終わりのようである。
posted by フリーダム at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

ワンポーカー 赤ライフ2での勝負2

賭博堕天録カイジ ワンポーカー編・第159話、赤ライフ2での勝負が続いている。
和也は、DOWN DOWN、カイジはUP DOWN

和也はDOWNカードであることは間違いありませんが、
カイジはどちらかわかりません。

カードをだして、早々に和也はコール、
ここでカイジはレイズです。

カイジがDOWNカードを出しているなら、
カイジのDOWNカードは2なので最弱カードなので、レイズしないといけない。

カイジがUPカードを出しているなら、
ライフ1勝負より、ライフ2勝負にしたほうがよいので、レイズしたほうがよい。

結局、どちらでもカイジはレイズするしかない。

さて、ここで和也がどう読むかである。
で、次回に続く。

今回、勝負まで行かなかった。
次回、和也の読みが描かれると思われる。

カイジUPカードで、和也がレイズならカイジの大勝利
カイジUPカードで、和也がドロップならカイジの普通勝ち
カイジDOWNカードで、和也がレイズならカイジ負けで終了
カイジDOWNカードで、和也がドロップならカイジ大勝利

さて、どう描かれるか?
posted by フリーダム at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | カイジ | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

100億の男

普通に幸せに暮らす平凡なサラリーマンが、ある日突然100億円の借金を背負わされる。
平凡から波乱万丈な日々に突入する。
ありえない設定がおもしろい。



posted by フリーダム at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかった漫画 | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

サラリーマン金太郎

「サラリーマン金太郎」は、主人公の矢島金太郎のサラリーマンとしての行動と成長が描かれている。金太郎の筋の通った束縛のない行動が、心に響く。

posted by フリーダム at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろかった漫画 | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

四国志ゲーム LP1 vs LP1 の原因

ライアーゲーム 四国志ゲーム 第199話、呉と蜀のLPが1vs1になるいきさつが、描かれていた。
アキヤマが、呉と蜀に接触して、いろいろ働きかけた結果であると。

毎回、司令官が変わるようにしたようであるが、
そうすると、作戦の連続性がなくなる。
作戦がぶち切れになり、司令官は作戦1回分で考えることになる。

また、作戦が横並びになり、同じような作戦が繰り返される。

こんなことも考えているのかな。

さて、次回どうなるか?
もう少しライアーゲームが続いてほしい。

ナオの威力が発揮できる展開にならないかな。
posted by フリーダム at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

ワンポーカー 赤ライフ2での勝負

賭博堕天録カイジ ワンポーカー編・第158話『反撃』で、カイジUP,DOWN、和也DOWN,DOWNの状況になった。
カイジは、UPカードを出せば、確実に1勝できる。

ここで最悪なのが、2を出して、和也をドロップを狙ってレイズするが、
和也は、それを見抜き、2ライフでコールになり、カイジが負けるパターンである。

赤ライフ2つ取られて、終わりである。
一発で終わってしまう。

和也は、ライフがたくさんあるので、特に2ライフくらい負けても痛くない。
カイジが2の消化を狙ってきても、2ライフ勝負になる可能性は高い。

たぶん、それを読んで8を出して、レイズ。
2ライフ勝負となり、2ライフ勝利ではないだろうか。

上記が、普通のながれであるが、ここでひねってくるかな?

カイジのレイズに、和也が降りるとか。

和也としては、まだまだ長期戦でも、ライフがたくさん残っているので、
あえてここで勝負する必要もない。

しかし、ここで和也は弱気を見せるとカイジの弱いカードでのレイズ勝負を許してしまうことになる。

たぶん、カイジ8、和也2の2ライフ勝負でカイジが勝ちかな?
posted by フリーダム at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カイジ | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

四国志ゲーム 膠着状態で困る人

ライアーゲーム四国志ゲーム第198話で、呉と蜀のLPが1vs1になり、こう着状態になった。
次のターン以降、呉も蜀も作戦行動をするとLPが0になり、負けてしまう。
そのため、作戦行動をなにも入力できない状態になってしまった。

このままでは、永遠にゲームが続くわけである。

ライアーゲーム事務局はこの状態でなにかするだろうか?

決勝戦の決着がつかなくて、もう一度ゲームをする?
このゲームは、無効になり、別のゲームで決勝戦?

このゲームが無効になれば、負ける人もいないので、
すでに負けてしまった倭と魏は、負けではなくなり、助かったことになる。

また、このゲームの無効が、ライアーゲームの無効につながり、いままで負けた借金も無効?
そうすると、今までライアーゲームで儲けた分も無効?
ヨコヤは、かなり儲けているので、被害が大きい。

ヨコヤが儲けたマネーは、まだヨコヤの手には、わたっていないはず。
ライアーゲーム無効でこのマネーも無効になるとヨコヤは結構困るはず。

確かパンデミックゲームで小切手で、アキヤマに2億、アカギに1億払っている。
この3億が確定しているとすると、ヨコヤは3億の損失?

さた、このゲームを終わらせる方法はあるのか?

呉と蜀が次のターンで、作戦行動を行ったら、LP0vsLP0になるが、
この場合、引分けが確定するのだろうか?

最初の説明では、この場合の勝者について説明がなかったので引分け?
引分けが確定した場合は、優勝賞金はどうなるのだろうか?

もし、引分けで決勝戦が終わったら、決勝戦での所持金はどうなる?

人間オークション終了時の所持金のまま?
そうすると、アキヤマとナオが結構もっていた。

決勝戦が引分けで確定して、優勝賞金がなしになって、
これまでのマネーが確定するとヨコヤにとっては、メリットが大きい。

しかし、LP0vsLP0にするには、呉と蜀が両方とも作戦行動をしないといけないので、
どちらかが裏切ったら成立しない。

LP0vsLP0は、ほとんど不可能である。
ヨコヤが協力しても不可能と思う。

裏切ると優勝賞金を獲得できるので、まず裏切るだろう。
交渉が成立しない。

そうするとLP1vsLP1で膠着状態のままで終わり、
ライアーゲーム事務局がなにかを用意する?

ライアーゲーム不成立で、借金もなくなり、儲けた金もなくなって終わり?
アキヤマの大逆転とはこのことなのだろうか?

どうやって終結させるのか?


posted by フリーダム at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

四国志ゲーム LP1 vs LP1

ライアーゲーム四国志ゲーム第198話で、ついに呉と蜀のLPが1vs1になった。
金持ちのボンボンの話がきいているという話であるが、
どうきいているのだろう?

相手国に金持ちのボンボンがいると考えてみる。
金持ちのボンボンの特権は、負けても親が助けてくれることである。
負けても助けてもらえるということは、負けることはそれほど怖くない。

それに対して負けたら借金が払えない普通の人は、負けることが非常に怖い。
ヨコヤの脅しもきいているかもしれない。

普通の人はリスクがとりにくい。
しかし、金持ちのボンボンはリスクが取れる。
リスクが取れるということは、攻撃してくる?

相手が攻撃してくる可能性があると考えるとどうなる?

防御を外せない。

しかし、防御と攻撃を両方行うとLPが2減る。
その時に防御されると、LP1負けてしまう。
LPに1でも差が出ると、LP1vsLP2の時に攻撃されて負けてしまう。

そうすると、LP2を使うことはできない。

LP2vsLP2の時に防御を外すと勝てそうなのですが、
負ける可能性もある。

相手が攻撃してきたら、防御がないので一気にLPが0になります。
最後に防御しないと読んで、攻撃してきたらと考えると防御のほうが安全?

でも、金持ちのボンボンがリスクをとって防御を外すことも考えられる。
そうすると、次のターンにLP1vsLP2の時に負けてしまうが、
攻撃、防御、なにもしないの3択だから、なにもしないの確率は33%だから、
負ける確率は33%になる。

でも、防御してしまうと勝つ確率は0%になるが、
負けない確率は66%なので、そっちをとる?

金持ちボンボンは、裏の裏を考えて攻撃してくるかも?

前回、攻撃対防御が描かれていた。
LPが5以上あるときは、攻撃対攻撃でも双方-4で負けはしないが、
双方0以下になると攻撃を入力するのがはやいほうが勝ちである。

金持ちのボンボンのほうがリスクがとれるので、攻撃を入力するのがはやい?

なにもしないを選択すると、
相手が攻撃してきたら負け
相手が防御してきたら勝ち
相手がなにもしなかったら先送り

勝つ確率33%、負ける確率33%となるが、負けたくない?

次回、解説してくれそうであるが、どんな解説か?
もっと納得できる解説があるのかな?

アキヤマが何かしているのか?

posted by フリーダム at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

二国志ゲーム スタートのLPを18に変更

以前作成した二国志ゲームのスタートのLPを、魏が滅亡したときの呉と蜀のLPの18にしました。

このゲームは、四国志ゲームで二国になったらどうなるかを考えるために作ったゲームです。
さて、どのくらいの確率で勝てるでしょうか?

posted by フリーダム at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライアーゲーム | 更新情報をチェックする